お問合わせ
アクセス
あいさつ

園長あいさつ

Shinobu Shimoyama

下山 信武

未来を担っていく子どもたちに、
幼少期から英語を学べる環境を整えてあげたい

はじめまして、園長の下山です。当園のページをご覧いただき、ありがとうございます。私には、2歳の双子の男の子と、0歳の女の子がいます。実は当園を作ったきっかけは、私の子どもたちでした。

幼児期の教育は、特に重要であると言われています。我が子の将来のため、数々の保育園を探しまわりました。しかし、自分の子どもたちをお願いしたいと思えるような、心から納得できる保育園と出会うことができませんでした。

私も妻も、学生時代に留学経験があります。かけがえのない学びを得たことはもちろんですが、語学の習得については、とても苦労しました。英語脳を作る上で、英語を学びはじめる時期は、早ければ早いほどよいのです。

「未来を担っていく子どもたちに、幼少期から英語を学べる環境を整えてあげたい」
こんな想いで、当園の開園を決意しました。開園準備においては、子どもたちの未来のために、徹底的にこだわり抜きました。

特に力を入れたのは、教材や教育法です。GrapeSEEDという世界中で結果を出している素晴らしい教材と、イマージョン教育という日本国内にいながら、バイリンガル子育てが可能となるような教育法に力を入れています。

また、今年度からの幼児教育・保育の無償化に伴い、親御さんの経済的負担が少なくなるよう、補助金対象となる認可外保育にこだわりました。

当園は卒園後も、一貫した英語能力を育てるためのカリキュラムを準備しています。グローバル化がますます進む現代において、子どもたちが将来、世界的な視野を持ったリーダーとして活躍する第一歩となることでしょう。

Hug Me International Schoolで、あなたのお子様の豊かな未来が育まれることを、心より楽しみにしています。

令和元年8月23日 園長 下山 信武

Profile

愛知県豊橋市出身。
静岡大学卒。
在学中にカナダのアルバータ大学に留学し、教育心理学を専門に学ぶ。
大手保険会社勤務を経て、2008年に株式会社カインドネスを設立。
子育て支援講座、子供向けのマネースクールなど多数開催し、セミナー講師としても活躍中。
自身の経験より、幼少期から英語に触れることの重要性を痛感。
未来を担っていく子どもたちに、その環境を整えてあげたい想いから、
2019年10月 Hug Me International School を開園、園長就任。

一般社団法人日本パーソナルコミュニケーション協会 認定講師
キッズマネースクール 認定講師

Profile

愛知県豊橋市出身。静岡大学卒。

在学中にカナダのアルバータ大学に留学し、
教育心理学を専門に学ぶ。

大手保険会社勤務を経て、
2008年に株式会社カインドネスを設立。

子育て支援講座、子供向けのマネースクールなど多数開催し、セミナー講師としても活躍中。

自身の経験より、
幼少期から英語に触れることの重要性を痛感。

未来を担っていく子どもたちに、
その環境を整えてあげたい想いから、
2019年10月
Hug Me International School を開園、園長就任。

一般社団法人日本パーソナルコミュニケーション協会 認定講師
キッズマネースクール 認定講師

スタッフあいさつ

我が子に英語という翼を

はじめまして。副園長のKiyomiです。
Hug Meを見つけてくださりありがとうございます。
「我が子に英語という翼を」すべては私自身の経験から始まりました。
英語が大好きだった私は単身留学し、高校の3年間をオーストラリアで過ごしました。現地の高校の資料を片っ端から取り寄せ、あらゆる手を尽くしホームステイ先を探しました。
今思えば、若干15歳でよくやったなぁと思います。しかし、やっとの思いで渡豪したのもつかの間、あんなに自信のあった英語が通じない!何を言っているのかわからない!毎晩、不安とストレスからベッドの中で泣いていました。しかし、朝が来れば授業には出席し、試験も現地の生徒と一緒に受けなければいけません。優しい両親の待つ日本へ帰ることもできましたが、死に物狂いで勉強し、拙い英語でクラスメートに話しかけ、家ではできるだけホストファミリーと一緒に過ごす時間を作り、英語習得のため努力しました。
その時思いました。英語ができない私は、現地のクラスメートと同じ土俵に立つことすらできない。スタート地点はクラスメートより1歩も2歩も手前。国語・理科・社会・・・、そのすべての科目を勉強するのに、辞書片手に勉強するわけですから、1問解くのにもクラスメートの何倍も時間がかかっていたのです。

このような経験から、これから国際社会で世界の人々と関わっていく子どもたちには、英語という翼をプレゼントしたいと思うようになりました。選択するのは子供たち。しかし、その選択肢をできるだけ広げておいてあげたいと思ったのです。Hug Meでの英語保育を通して、同じ思いのお父さんお母さんたちの少しでも手助けになれたらと思います。

副園長 Kiyomi

Profile

  • 愛知県出身
  • 15歳で単身渡豪し現地の高校へ入学。
  • St Catherine’s School 卒業(オーストラリア・メルボルン)
  • 帰国後、大学を受験し京都大学へ進学。
  • 2007年京都大学経済学部卒業
  • 大手証券会社にて法人営業を担当。結婚を機に退職。
  • 退職後は、人と人が繋がる場を提供したいという思いから、自宅にてポーセラーツを中心としたサロンを運営。
  • 私生活では3児の母。

Greetings!

My name is Losaline. Please call me LOS! I am from a small Island Kingdom in the South Pacific Ocean called TONGA! I have lived mostly in Australia, New Zealand and Japan. My first language is English, Tongan and understand basic Japanese! I joined Hug Me International School shortly after it open from 2019! Since the opening, the School has slowly grown with increase in teachers and students! As a foreigner living in Japan since 2007 (initially situated in Tokyo)with my husband and four kids. I believe that Education is a vital part of a child’s right of passage as they learn to understand the world around them. In an international school environment of learning, kids will not only learn English as a subject but English in an everyday setting, enabling staff and kids to learn from each other about and appreciate our differences in culture and other interesting facts. I hope that I and the other English teachers will be able to provide your child with the best quality of learning not only to master English as a language but also to open their minds to the global society we live in today!

English Supervisor KAHO,Losaline